病院の特長

病院の特長

アトピー・アレルギーセンター

センターの目的

 小児から成人まで、症状が多様で治療が困難な気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、薬剤アレルギー等のアレルギー性疾患に対し、内科、皮膚科、小児科、眼科、耳鼻咽喉科等の複数診療科が連携して専門的治療を行っています。

センター長あいさつ

アトピー・アレルギーセンター長  片岡 葉子

 

 当院では、歴史的にアレルギー疾患の専門医療機関として数多くのアレルギー疾患診療をおこない、診療成績の向上に取り組んできました。羽曳野支援学校等の教育機関との連携によって小児患者を支援するなど、全人的医療に取り組んできたのも当院の特徴です。さらに、アレルギー疾患の患者さんでは同時に複数のアレルギー疾患を患うことも多いため、各専門診療科が連携した総合的な診療体制として、2011年アトピーアレルギーセンターを設立し運営してきました。

 センターの名称は2つの意味を持っています。第1は、食物アレルギー、気管支喘息、アレルギー性鼻炎というアレルギー疾患には共通したアレルギー体質(アトピー体質)があり、各科の連携が必要な場合が多いためです。第2は、これらのアレルギー疾患の多くは、乳児アトピー性皮膚炎に始まることに注目し、当院で長年培ってきたアトピー性皮膚炎診療技術によって乳児期を含むアトピー性皮膚炎を適切に治療することで、人生を通じて健康に過ごしていただくことを願っているためです。

 近年アレルギー学は進歩し、検査法や、新しい治療法の開発により、アレルギー疾患の診療内容も大きく進歩しています。アレルギー学の専門知識、技術、経験を持ったアレルギー内科、小児科、皮膚科、耳鼻咽喉科各科の医師がそれぞれの診療科での診療を行うことに加えて、定期的にカンファランスをおこない、領域横断的な知識の向上に努めるとともに、必要な症例については共同で診療計画をたて、難治性アレルギー疾患の診療に取り組んでいます。

 2018年大阪府から「アレルギー疾患医療拠点病院」の指定を受け、難治性アレルギー疾患の診療をさらに充実させるとともに、アレルギー疾患に関する診療連携体制の構築や人材育成等、地域の医療機関や学校関係者、患者会等とも連携しながらより良いアレルギー疾患治療の提供体制を確立するとともに、アレルギー疾患に関する情報の発信をさらに行って参ります。

診療内容

■ 専門治療

  • 診断・治療
    • 気管支喘息の診断と専門的治療(抗体治療や気管支サーモプラスティを含む)
    • 気管支喘息関連疾患(好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、アレルギー性気管支肺真菌症)
    • アトピー性皮膚炎などのアレルギー性皮膚炎
    • 食物アレルギー、薬剤アレルギーなどの原因精査と専門治療(皮膚科・小児科)
    • アレルギー性結膜炎、春季カタル、ぶどう膜炎などのアレルギー性眼疾患
    • アレルギー性鼻炎、好酸球性副鼻腔炎などの原因精査、専門治療(舌下免疫療法、抗体治療を含む保存的治療および内視鏡下鼻副鼻腔手術(耳鼻咽喉科)
    • アレルギーカンファランスによる他科との連携による横断的診療

  • 病気の理解を深め、治療効果を高めるための充実した患者教育プログラム
  • 臨床心理士による心理検査心理療法

  • 大阪府立羽曳野支援学校(敷地内立地)と連携した病児の教育支援、社会適応支援
    • 外来通院では治療が困難である、或いは治療導入時に一定期間の入院が必要な小児に対しては、大阪府立羽曳野支援学校が学習をサポートします。在籍期間は転校して頂きますが、退院と同時に原籍校に転校していたします。

 

■ 研究・教育・啓発その他

  • アレルギー疾患の予防・予知治療に関する調査・研究
  • アレルギー性疾患の病態解析と臨床研究
  • アトピー性疾患・アレルギー性疾患の専門医療スタッフの教育、育成

受診診療の流れ

主な対象疾患

  • 気管支喘息(小児)(成人)
  • アレルギー性鼻炎
  • 好酸球性副鼻腔炎
  • アトピー性皮膚炎(乳児から成人まで)
  • 食物アレルギー(小児)(成人)
  • 薬疹・薬剤アレルギー
  • 口腔アレルギー症候群
  • 好酸球性中耳炎
  • 好酸球性多発血管炎症肉芽腫症(EGPA)
  • ANCA関連血管炎症中耳炎(OMAAV)

医療設備・検査

■ 医療機器・設備 

  • HISCL(臨床検査室)
  • 紫外線全身照射装置、紫外線手足照射器、サーモグラフィ、イオントフォレーシス、薬浴用風呂、掻破計 など
  • CT、MRI検査
  • 鼻腔通気度計
  • 超音波検査
  • T&Tオルファクトメーター
  • 味覚検査(電気味覚検査、濾紙ディスク法)
  • 内視鏡鼻副鼻腔手術システム ナビゲーション装置を含む
  • 粘膜凝固焼灼装置

 

■ 検査

  • 気管支喘息
    • 各種アレルゲン検査、呼吸機能検査、画像診断等を組み合わせた喘息の病歴診断
    • アストグラフを用いた気道過敏性テスト(喘息の診断)
    • 呼気NOの測定(気道のアレルギー性の炎症を評価)
    • モストグラフ(気道抵抗の検査)
    • FACSスキャン(リンパ球の種類を詳しく調べる検査)
    • 精密呼吸機能検査
    • 高分解能CT検査(喘息に類似した病気との鑑別に有用)
    • 運動誘発検査
  • アトピー性皮膚炎
    • 血清バイオマーカー検査、ダーモスコピーによる拡大観察
    • 光テスト、バッチテスト、皮膚生検(必要に応じて)
  • 食物アレルギー
    • 各種アレルゲン検査
       皮膚テスト(プリックテスト)
       血液特異IgE検査(必要に応じてコンポーネントアレルゲン検査)
      食物経口負荷テスト
      食物依存性運動誘発アナフィラキシーに関わる一連の検査
  • その他
    • 食道pHモニター(小児呼吸期疾患に関して胃食道逆流の精査)
    • アレルギー性鼻炎、好酸球性副鼻腔炎を含む鼻副鼻腔疾患
    • CT、MRIなどの画像検査
    • アレルギー検査(特異的IgE測定、鼻汁好酸球検査、アレルゲン誘発テスト、皮内テスト)
    • 鼻粘膜抗原誘発検査
    • 鼻汁好酸球検査

アレルギーエデユケーター

■ 小児アレルギーエデユケーター(PAE)による患者指導

 小児アレルギーエデュケーター(PAE)とは、日本小児臨床アレルギー学会が認定するアレルギー疾患に精通した看護師、薬剤師、栄養士のことです。

 アレルギー疾患は慢性疾患であり、長期にわたる治療が必要ですが、有効な治療を継続して行うには、患者・家族の疾病理解と治療の必要性の納得に立脚した治療への能動的参加が欠かせません(アドヒアランスといいます)。PAEは個々の患者の背景なども考慮した介入をおこない、アドヒアランスの向上に貢献しております。

 当センターでは看護師、栄養士にPAEの資格を持つものが在籍しております。現在薬剤師のPAEはおりませんが、取得予定のものが在籍しております。

 

アレルギーカンファランス

■ 当番表

 

 

■ 過去の症例検討・臨床研究報告

2019年
12月 著明な末梢血好酸球増多をともない耳鼻科紹介した2例
     ①皮膚形質症
     ②重症アトピー性皮膚炎寛解後

 

診療科等

診療科 皮膚科小児科眼科臨床研究センターアレルギー内科耳鼻咽喉科
主なスタッフ、チーム
  • アトピー・アレルギーセンター長:片岡診療局長兼皮膚科主任部長
  • 各科専門医師、病棟看護師、臨床心理士、小児病棟保育士
診療場所 【外来】2階(小児・皮膚科外来)
【病棟】9A 42床(アレルギー内科、皮膚科、眼科)、7A 44床(小児科)、10A(耳鼻咽喉科) 
施設認定 内科、小児科、皮膚科、耳鼻咽喉科がアレルギー学会認定施設

アトピーレジデント

■ アトピーレジデント募集

 当センター皮膚科ではレジデントを若干名募集しています。ご相談の上、随時研修開始可能ですので、ご相談は、随時皮膚科主任部長 片岡 葉子 までご連絡ください。

 メール:derma.habikino@ra.opho.jp

2020年度アトピーレジデント枠は締め切りました。

 

■ アトピーレジデント公募の目的

 アトピー性皮膚炎は重症化すると患者および家族のQOLに大きな影響を与えます。また乳児アトピー性皮膚炎はその後の食物アレルギーやアトピーマーチに大きく影響します。しかし、アトピー性皮膚炎は必ずしも適切に診療されておらず、診療不足で重症化している方が相当いらっしゃるのが現状です。数多くの重症アトピー性皮膚炎患者様を治療し、寛解、維持している当科のノウハウを、多くの医師に習得していただき、全国のアトピー性皮膚炎に悩む患者様に適切な医療を提供していただくことが目的です。

 

■ 過去のアトピーレジデントの声

 ・ 体験記 2017

 ・ 体験記 2019

医療機関の皆様へ

■ 皮膚科

  • アトピー性皮膚炎診療に関する公開講座(アトピーカレッジ下の医療機関へからのリンク)
  • アトピー性皮膚炎 proactive療法成功のためのワークショップ(3回シリーズ )

 

■ 耳鼻咽喉科

  • はびきの耳鼻咽喉科セミナー(年1回)
           第1回  2018/7/21
           第2回  2019/9/21

 

■ 小児科

 

■ アレルギー内科

 

電話相談





診療のご案内

地方独立行政法人 大阪府立病院機構
大阪はびきの医療センター

〒583-8588
大阪府羽曳野市はびきの3-7-1

TEL:
072-957-2121(代表)
FAX:
072-958-3291(代表)

外来受付時間

平日:午前8時45分~午前11時

外来休診日

土曜、日曜、祝日、12月29日~1月3日


交通案内