当院のご案内

当院のご案内

院長あいさつ

ごあいさつ

 この度、2020年4月1日付けで当院の院長に就任いたしました山口でございます。日頃より当センターの運営にご協力頂きありがとうございます。

 当センターの前身は大阪府立結核療養所羽曳野病院で昭和27年に大阪府の結核医療を担う病院として320床で開院しました。その後、昭和48年に一般病床も加えて、昭和51年大阪府立羽曳野病院と名称変更し総合病院としての機能を充実させ、さらに平成15年には大阪府立呼吸器・アレルギー医療センターへと名称を変更しました。そして、平成29年に現在の大阪はびきの医療センターへと改称しました。その間、結核はもとより難治性の呼吸器疾患とアレルギー疾患の専門病院として専門医療に対応して参りました。結核患者数の減少と共に結核病床を60床まで減らし、一般病床366床と併せて総病床数は現在426床となっています。平成30年にはDPC対象病院へ移行し、さらに大阪府アレルギー疾患医療拠点病院に指定されています。

 開設以来70年近くなり、結核患者に代わり、慢性閉塞性肺疾患(COPD)等の慢性呼吸器不全が増加し、加えてアレルギー疾患が多様化してきております。さらに肺がんが死亡率第一位となり、新興感染症が毎年のように発生してきています。

 そこで、当センターではこのような疾患構造の変化に対応する下記のセンターを設置しております。

 

1. 呼吸ケアセンター:急性呼吸不全の集中治療から慢性期の治療とケア

2. 腫瘍センター:各種癌の診断から治療と緩和ケア

3. 感染症センター:結核予防の地域活動から結核と結核後遺症、新興感染症、2類感染症に対する診断と治療

4. アトピー・アレルギーセンター:重症のアトピー性皮膚炎、難治性喘息、食物アレルギー等の治療

 

 さらには、地域の基幹病院として、循環器内科、消化器内科、乳腺外科、眼科、小児科の一般診療、産科診療施設の減少に対してはNICUや助産師外来を開設して周産期医療に注力しており、今年度からは泌尿器科外来も開設したところです。

 また、治療と看護、在宅療養との間の調整を看護師と薬剤師の専門スタッフが担っています。特に外来では呼吸器看護専門外来やがん看護専門外来を専門・認定看護師が担当し、薬剤師外来では専門薬剤師が抗がん剤の服薬と副作用確認や小児喘息の吸入指導を行っています。

 今後は、更に一般診療の充実を図ると共に、南河内地域の基幹病院としての責務を果たすべく患者総合支援センターを核として病診連携を一層すすめて参りますので、引き続きご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター
院長 山口 誓司