診療科・部門のご案内

診療科・部門のご案内

成人の食物アレルギー

最近増加しています。主として皮膚科が担当していますが、症状によってはアレルギー内科等の他科と連携して対応しています。原因食物を見極めて必要最小限の除去を指導するとともに、重症例に対しては、アドレナリン自己注射のキット(エピペン)を処方し携行していただいています。

血液検査や皮膚テストを参考にしますが、その結果過剰な除去となり、日常生活に不安を抱えている方も少なくありません。必要に応じて食物チャレンジテストによって診断、指導させていただいています。