診療科・部門のご案内

診療科・部門のご案内

  1. ホーム
  2. 診療科・部門のご案内
  3. 臨床研究センター

このページを印刷する

臨床研究センター

役割

 医学と医療の進歩に貢献します

 臨床研究センターは、平成18(2006)年4月に院内の診療科・検査科・感染対策チーム(ICT)と連携し「医学と医療の進歩に貢献する」ための臨床研究部として創設され、2017年4月より臨床研究センターになりました。
 現在、①結核・感染症、②免疫・アレルギー、③分子肺疾患(肺がん)、④呼吸器(COPDや間質性肺炎)の4領域で、患者さんの臨床検体と診療データを活用した新しい診断検査法・治療薬・発症予防法の開発と、その臨床治験を進めています。

 

部長 橋本章司
(感染対策チーム委員長兼任)

各研究室の研究内容

結核・感染症研究室では、感染症内科・検査科・ICTと連携し、結核菌や薬剤耐性菌(MRSA、緑膿菌など)の遺伝子配列に基づく伝播経路の推定と感染対策の強化、結核菌検査法の改良、および結核発病診断検査法の開発を進め、広域の感染対策の強化につなげています。

免疫・アレルギー研究室では、気管支喘息・食物アレルギー・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎などの新規治療法と、その治療効果や予後を予測するのための診断検査法の開発を進めています。

分子肺疾患研究室では、肺がん患者さんの治療効果や予後予測に関連するがん細胞の遺伝子変異の検査法の開発と、その遺伝子変異に基づいた患者さんごとの個別治療法への応用を進めています。

呼吸器研究室では、COPDや間質性肺炎などの難治性肺疾患や、敗血症や重症肺障害に対する新しい治療法の開発を進めています。

臨床法制研究室では、大阪南部地域における死因究明の充実を目的とし、近隣警察からの依頼による検案業務などを主な活動とし、医療安全に対するコンサルト業務も行っています。今後、突然死・異常死亡例に対する診断の補助となる検査設備の拡充に努めます。

臨床研究センターからのお願い

 臨床研究センターでは院内診療科、検査科、ICTと共に、近隣施設の診療や感染対策への支援も行っております。
 今後とも近隣の医療施設・研究機関との連携を強化し、臨床研究・治験と情報発信をさらに進めます。

スタッフ紹介

医師名 学会認定など

橋本 章司
(はしもと しょうじ)

主任部長
臨床研究センター長
結核・感染症研究室 室長
感染対策チーム委員長

日本感染症学会推薦ICD
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本アレルギー学会アレルギー専門医
日本感染症学会専門医
日本結核病学会結核・抗酸菌症指導医
日本臨床研修協議会プログラム責任者

片岡 葉子
(かたおか ようこ)

免疫・アレルギー研究室 室長
皮膚科 主任部長

日本皮膚科学会専門医
日本アレルギー学会指導医
日本心身医学会専門医
門田 嘉久
(かどた よしひさ)

分子肺疾患研究室 室長
呼吸器外科 主任部長
気胸センター長
日本外科学会指導医
日本胸部外科学会認定医
日本呼吸器外科学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医
大阪大学医学部臨床教授

研究課題として以下のものがあります。
  1. 手術症例を中心に、肺がんや胸膜中皮腫などの胸部悪性腫瘍の新たな予後因子や治療効果に対する予測因子を検索する。
  2. 当院では肺癌の中でも稀な組織型の手術症例数も多く、これらの腫瘍の未知なる特長を明らかにする。
  3. 他施設との共同研究により、臨床的に有用な新たな腫瘍マーカーを検索する。
  4. 胸部腫瘍の悪性度を浸潤・転移の機構や癌幹細胞との関連から検討する。

主な論文・総説

岡本 紀雄
(おかもと のりお)

腫瘍診断先端技術研究室 室長
呼吸器内視鏡内科 主任部長
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医、評議員
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医・指導医
松岡 洋人
(まつおか ひろと)

呼吸器研究室 室長
呼吸器内科 主任部長
医学博士
呼吸器学会専門医
内科外科認定医

研究課題として
  1. 問質性肺炎における病態、治療のメカニズムの探索、新規治療の開発
  2. 呼吸不全の病態解明、新規治療の開発を掲げ、臨床にあたっております。

主な論文・総説

平島 智徳
(ひらしま とものり)

治験管理室 室長
肺腫瘍内科 主任部長
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会指導医
日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

 

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方は、アドビシステムズ株式会社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。