診療科・部門のご案内

診療科・部門のご案内

診療情報管理室

特色

 現在、1976年以降の外来診療録を約32万冊(うち他媒体は24万冊)・入院診療録を約6万冊、フィルム約4万袋を保管・管理しています。

診療情報管理室・診療情報管理士とは

 診療情報管理室とは、患者さんの診療記録・診療情報を適切に管理し、そこから得られるデータ・情報を収集・加工・分析することで、病院運営・より良い診療を行うための指標・医学的研究等の情報源という形で患者さん・病院・医療をサポートする部署です。また、診療情報管理士とは、これらの業務を行う専門職です。

診療情報・診療記録とは

 診療情報とは診療の過程で知り得た患者に関する全ての情報であり、この情報が紙や電子媒体に患者ごとに記録されたものを診療記録といいます。したがって、診療記録に記録されている診療情報は患者さんの継続的な医療はもとより、病院運営、医学的教育・研究、公衆衛生上大変貴重な価値を持った病院の財産といえます。診療情報管理士は、これらの情報を出来るだけ活用できるように管理しております。

業務内容

  • 入院診療記録の点検・監査・保管・管理
  • 診療情報の管理
  • がん登録
  • 退院サマリの早期作成推進
  • 院内各部署からの患者抽出依頼・各種統計資料作成
  • 診療録開示の点検
  • サマリ作成支援・がん登録システム、カルテ管理システムの管理
  • 医師事務作業補助者支援
  • 医療情報管理委員会、クリニカルパス推進委員会の運営(幹事・書記)

 

         

 

         

 

 



疾病別退院患者数(2016)

基本分類項目

患者数(人)

感染症および寄生虫症(主に結核)

469

新生物(全臓器の新生物)

2,199

血液および造血器の疾患ならびに免疫機構の障害

 18

内分泌、栄養および代謝疾患

53

精神および行動の障害

11

神経系の疾患

 166

眼および付属器の疾患

 617

耳および乳様突起の疾患

 5

循環器系の疾患

232

呼吸器系の疾患

 1,680

消化器系の疾患

 106

皮膚および皮下組織の疾患

 355

筋骨格系および結合組織の疾患

 32

腎尿路生殖器系の疾患

 180

妊娠、分娩および産じょく<褥>

 1,142

周産期に発生した病態

 352

先天奇形、変形および染色体異常

 28

症状、徴候および異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの

 9

損傷、中毒およびその他の外因の影響

 1,446

健康状態に影響をおよぼす要因および保健サービスの利用

 0

※ICD-10(国際疾病分類第10版)による分類

診療科ごとの退院患者数(2016)

診療科 退院患者数(人) 死亡者数(人) 平均在院日数(日)

呼吸器内科

966

71

24.3

肺腫瘍内科

1,345

142

19.3

緩和ケア 

0

 0

0

呼吸器外科

434

6

19.2

感染症内科

454

40

47.1

アレルギー内科

259

3

12.5

小児科

2,163

0

4.6

皮膚科

402

0

17.0

眼科

634

0

8.6

循環器内科

227

7

14.5

消化器・乳腺外科

373

6

9.9

産婦人科

1,843

5

6.9

合計

9,100

280

13.7

スタッフ紹介

医師名 学会認定など
室長(診療局長・眼科主任部長)笹部 哲生(ささべ てつお)  
室長補佐(医事Gサブリーダー)村松 高志(むらまつ たかし)  
診療情報管理士・医療情報技師 二神 寿美子(ふたがみ すみこ)  
診療情報管理士  野口 あずさ(のぐち あずさ)  
診療情報管理士(非常勤)上間 華納子(うえま かなこ)  
診療情報管理士(非常勤)中川 美希(なかがわ みき)