診療科・部門のご案内

診療科・部門のご案内

  1. ホーム
  2. 診療科・部門のご案内
  3. 感染対策チーム(ICT)

このページを印刷する

感染対策チーム(ICT)

ご挨拶

ICTの目的

当院の感染対策チーム(Infection Control Team:ICT)は、薬剤耐性菌、病院感染症と職業感染の発生の予防し、効果的な感染症診療を支援するために平成13(2001)年に組織されました。現在、①ICTラウンド、②コンサルテーション、③サーベイランス、④環境整備、⑤院内感染防止および⑥職業感染防止の教育を推進し、院内診療科の安心安全な診療につなげています。

ICT委員長 橋本章司

臨床研究センター センター長兼任

 

 

ICTの組織と活動内容

 当院では、①呼吸ケアセンター(重症肺炎、急性呼吸不全、COPDなどの診療)、②感染症センター(肺結核、重症感染症、輸入・新興感染症などの診療)、③腫瘍センター(肺がん、消化器がん、子宮がんなどの集学的治療と緩和医療)、④アトピー・アレルギーセンター(皮膚、呼吸器などのアレルギー疾患の診療)の専門医療ユニットと、産婦人科、消化器外科、乳腺外科、循環器内科、眼科の5診療科が、高度かつ幅広い診療を推進しています。


 ところが医療の高度・専門化に伴い、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)や多剤耐性緑膿菌などの「薬剤耐性菌」による感染症が多くの医療施設や市中で増加しています。また海外への旅行者や企業進出の増加、また海外からの入国者の増加に伴い、マラリア、デング出血熱などの「輸入感染症」、さらに話題となった新型インフルエンザや中東呼吸器症候群などの「新興感染症」に一般の方々が感染する危険性も高まっています。


 私たちICTは全診療科の医師、認定看護師、認定薬剤師、認定検査技師、事務職員を含む病院横断的な組織であり、①全部署・全スタッフを対象とした「ICTラウンド」、②「コンサルテーション」、③薬剤耐性菌、抗菌薬長期投与例や医療関連感染の「サーベイランス」と、④全部署を対象とした「環境衛生」、⑤手指衛生や抗菌薬適正使用などの「病院感染防止」、⑥ワクチン接種、針刺し対策などの「職業感染防止」の教育と徹底により、感染対策に対する意識向上に努め、「病院内での感染症発生を可能な限りゼロにするぞ!」を合言葉に、「職員一人一人の、薬剤耐性菌の発生と伝播、病院感染症および自らの職業感染の発生を予防できるレベルへの到達」を目標にしています。


感染症センター、検査科、臨床研究センターとの協力による南大阪地区全体の感染対策と感染症診療への支援

 当院の「感染症センター」は南大阪地区全体の肺結核・重症感染症および輸入・新興感染症の診療を推進しています。ICTは、「検査科」からの微生物検査結果と「臨床研究センター」からの微生物の遺伝子検査結果や迅速診断検査結果を基に、感染症センターと協力し、周囲の医療施設との連携による南大阪地区全体の感染対策と感染症診療の向上を目指しています。

ICTについて

 ICTとは感染対策チーム(Infection Control Team)の略称で、院内で起こる様々な感染症から患者様や職員の安全を守るために活動を行う組織です。医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務職員で横断的に病院全体の感染対策活動に従事しています。

ICTメンバー

委員長

橋本 章司(医師、ICD)

副委員長

永井 崇之(医師、ICD)

松岡 洋人(医師)

宮崎 知(医師)
委員

医師5名

看護師6名

薬剤師5名(認定薬剤師2名)

臨床検査技師3名(うち感染制御認定臨床微生物検査技師1名)

事務1名

主な活動内容

  1. サーベイランス(発生状況の調査)
    医療関連感染サーベイランス(手術部位・中心静脈カテーテル)、耐性菌サーベイランス、アンチバイオグラム、分子疫学解析を実施しています。

  2. 各部門へのラウンド
    1回/週以上、医師・看護師・薬剤師・検査技師によるラウンドを実施し、感染症報告があった対象への治療や感染対策の実施状況などの確認と評価、助言を行っています。

  3. コンサルテーション
    感染症治療における抗菌薬の使用方法や感染症発症時の対策などについて相談を受け、助言を行っています。

  4. 抗菌薬使用状況の把握と適正使用の啓発
    カルバペネム系抗菌薬の長期使用者のチェック、抗MRSA薬の薬物治療モニタリング(TDM)など実施しています。

  5. ICT主催の研修会
    感染対策研修会、感染制御(Infection Control)スペシャリストコースの開催。

  6. 地域の医療機関との感染対策に関する連携
    当センターは、加算1医療施設として加算2医療施設との合同カンファレンスや加算2医療施設への施設ラウンドとICT主催の勉強会を開催しております。

    2013年4月『南河内感染対策ネットワーク』に参加
    2013より当センターは、より良い感染防止対策を進めるために南河内感染対策ネットワークに加入しています。さらに、職員が針刺しを起こした時に使用する抗HIV薬の常備配置について取り組みました。その評価について2016年2月日本環境感染学会で報告しました。


    平成25年度 第3回感染防止対策地域連携合同カンファレンスにて



  7. 大阪府立5センターによる感染対策連絡会
    2015年度より連絡会を組織し、結核新興再興感染対策、抗菌薬の適正使用や病院感染対策について情報と対策法を共有している。