診療科・部門のご案内

診療科・部門のご案内

  1. ホーム
  2. 診療科・部門のご案内
  3. 肺がん早期発見のために蛍光気管支鏡を導入しました

このページを印刷する

肺がん早期発見のために蛍光気管支鏡を導入しました

当センターにて新規購入機器:蛍光気管支鏡

67歳男性
喫煙20-40本×46年
喀痰細胞診classⅢ

 

<肺癌扁平上皮癌と診断>

喀痰細胞診や血痰をきっかけに発見される肺門部早期肺癌はCTで検出されないため、気管支鏡検査が必須とされています。しかし従来の白色光を用いた気管支鏡では、早期肺癌の微細な気管支粘膜の変化は捉えることが困難でした。しかし近年、蛍光観察の技術革新によってこれらの病変がより正確に捉えることが可能となってきました。蛍光観察とは、2種類の波長の光を当てることによって発生する自家発光を検出し、早期肺癌や前癌病変で粘膜の色調変化がおこることによって、病変部の発見を容易にするものです。 当センターでは本年度より高画質蛍光ビデオ・スコープを導入し、肺門部早期肺癌の早期発見に努めています。喀痰細胞診や血痰の精査はもとより、ヘビースモーカーにおける肺がん検診の一端をも、この蛍光気管支鏡が担うと考えています。

 

地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター
肺腫瘍内科 部長  平島智徳