院内教育

当センターにおけるキャリア開発は、一人ひとりの生き方へのニーズと組織の活性化へのニーズ、その両方を満たすことを目指しています。そのために個々が主体的・計画的にキャリア開発をするクリニカルラダーシステムで、レベルに応じた段階的教育を取り入れジェネラリストとしての実践能力向上と、スペシャリストとしての段階的成長を実現する教育プログラムを採用しています。
また、看護師としての基礎を作る新人教育では、着実に基礎知識・技術が習得できる教育制度とプログラムで安心して学べる環境を整えています。

クリニカルラダーシステムとは?

看護師の臨床能力を看護実践能力、管理能力、教育力、研究能力の4領域・4段階に分類し、看護職員一人ひとりが計画的に自己能力の開発を行っていくためのシステムです。レベル別研修をはじめ、目標管理や組織での役割を通して、実践能力向上を図ります。

クリニカルラダーシステム

専門看護コース

大阪はびきの医療センターでは専門病院として、呼吸器・がん・アレルギーの慢性疾患の看護に力を注いでおり、看護師の知識と技術の向上を目的とし、各ラダーレベルに応じたシリーズの自主研修を実施しています。

各専門分野のエキスパートが講師を担当し、院内からの参加はもちろん、周辺の医療施設の職員も受講しています。

具体的には、専門コースのⅡでは、疾患や看護のより専門的知識を深めるための講義を開催しています。専門コースⅢ・Ⅳでは、講義だけでなく、事例検討や抄読会を加え、患者のアドヒアランスを高め、自己決定を支援できる人材育成を目的としています。

  平成29年度 研修内容(PDF)
 レベル Ⅱ 呼吸器 がん アレルギー

 

当センターのスペシャリスト

専門看護師(CNS)

慢性疾患看護(呼吸器看護) 1名
がん看護 1名

 

認定看護師(CN)

緩和ケア 2名
がん化学療法看護 1名
感染管理 1名
慢性呼吸器疾患看護 2名
認知症看護 1名

院内認定

ORCスペシャリティナース
 呼吸器看護分野 8名
 がん看護分野 3名
 アレルギー看護分野 7名
委員会認定
 感染管理スペシャリスト 19名

 

その他

呼吸療法認定士 23名
小児アレルギーエデュケーター 10名


2017年11月    

新人教育

体制

幾重にも包み込むように病院全体で新人看護師を支えています。


自部署では経験できない基礎技術の習得に向け、ローテーション研修を取り入れました。
新人教育プログラムに、他部署、他部門のあらゆる人たちが積極的に関わり、病院全体で新人看護師を支える体制を整備しています。

 

年間研修

一日の研修の終わりでは新人看護師同士の情報交換の場として茶話会を設けています。
2年目では年2回のフォローアップ研修を行っています。


 

プレナース研修(希望者)
プレナース研修・病棟体験 ・基礎看護技術演習 ・先輩と語る
採用前の不安を軽減します。
感染 / 安全 / システム / 看護倫理 / 基礎看護技術
・採血 ・点滴 ・酸素療法 ・血糖測定 ・血液ポンプ etc
入職時のオリエンテーションでは、基礎看護技術を中心にシステムや医療安全・感染防止の
基礎を学びます。
救急看護(講義と・演習)
救急看護夜勤の見習いが始まる前に、CPRチームによるBLS(1次救命処置)についての講義と演習を行います。
ストレスマネジメント
ストレスマネジメント・ストレスと上手く付き合う方法を学びます。

3ヶ月の振り返り
・この3か月間学んだことを振り返ります。
看護記録
看護記録書かなければいけない記録、書いてはいけない記録・・・
正しい看護記録の書き方を学びます。

薬剤の作用・副作用・管理
薬剤師さんからの講義があります。
専門看護I(がん看護、アレルギー看護)専門看護
がん、アレルギー看護のエキスパートによる講義で、主に肺がんの喘息、アトピー性皮膚炎の基礎知識を学びます。
移動の介助、体位ドレナージ
体位ドレナージ理学療法士による講義と演習があります。
特に呼吸理学療法は、実践ですぐに役立つ技術です。
看護研究Ⅰ
看護研究を始める前に、研究に興味を持つことが大切です。
先輩の経験談を聞き、日々のちょっとした疑問から研究につながるテーマを見つけていきます。
多重課題
多重課題あっちの患者さんから、こっちの患者さんからいろいろ用事を頼まれ…あなたならどうする?ロールプレイを通して優先順位を考えます。

褥瘡予防
NSTによる褥瘡予防対策の講義があります。
看護過程Ⅰ
看護過程Ⅰそろそろプライマリナースとして患者さんを受け持つ時期です。
プライマリナースの役割と責任について学びます。
輸血管理
輸血管理輸血を安全に取り扱うために、血液センターの方による講義があります。

一年の振り返り
共に学んだ同期たちと一年を振り返り、グループワークを通して、成長と今後の課題を考えます。
名札につけた「新人マーク」をはずして新人研修終了です。

ローテーション研修

自部署では経験できない看護技術を学ぶためにローテーション研修を行います。
また、自部署を離れて自分の看護を見直す機会やリフレッシュに繋げます。

日程(基本)
オペ室2日、ICU3日、11A(結核病棟)3日
☆新人看護師からの感想☆
・自部署で経験できなかった処置をすることができて、看護師として自信もついた。これからも頑張ろうと思った。
・他病棟や他部署と連携を取りながら患者をみているということも学ぶことが出来た。
・このローテーション研修は自分にとってすごく貴重でこれから看護師をやっていくうえで重要なものになった。

 

茶話会

毎月の研修後は、同期の仲間たちが集まる場を設けています。グチを言い合ったり、時には先輩に入ってもらって、悩みを聞いてもらったり…
やっぱり同期はいいものです。

 

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方は、アドビシステムズ株式会社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ページTOPへ戻る

〒583-8588 大阪府羽曳野市はびきの3-7-1

  • TEL:072-957-2121(代表)
  • FAX:072-958-3291(代表)

地図

Copyright (c) 地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター All Rights Reserved.