先輩からのメッセージ

さまざまな経験をされた先輩たちに囲まれ、

恵まれた環境の中で助けていただきながら、日々過ごしています。

新人研修レポート

 私は看護大学卒業後に、助産専攻科にて勉強し、大阪はびきの医療センターに入職しました。看護学校時代は元々子どもが好きで、子どもと関われる仕事につきたいと小児科か産科希望でした。進路に悩んでいるときに自分の周囲の友だちや親戚が出産を経験する中、切迫早産や妊娠高血圧症候群などで悩んでいるけれど何もできない自分が悔しく、もっと近くの人たちの役に立てるようになりたいと思い、助産師を目指しました。

 入職後は、日々の業務を覚えることに必死で自分の理想としていた助産師像に全くなれていないことに悩みました。ですが、そんなときも師長さんを始めとする先輩方が話を聞いてくださり、アドバイスをくださり、乗り越えることができました。無事に産まれて当たり前ではなく、常にママ・ベビーは命がけで助産師としての責任に押しつぶされそうになることもあります。ですがさまざまな経験をされた先輩たちに囲まれ、恵まれた環境の中で助けていただきながら、日々過ごしています。
 これからも、自分の目指す助産師像を忘れずに頑張りたいと思います!

 

大変なこともありますが、患者さんと関わるうちにまた頑張ろうと思えます。

新人研修レポート

就職して4年が経ちました。
配属された病棟は有料個室病棟で、呼吸器内科、皮膚科、眼科、耳鼻科など様々な疾患のある患者さんが入院されています。新人の頃は毎日必死でしたが、先輩方に教えていただきながら、少しづつできることも増えてきました。
そんな中、「自分らしさのある看護ができるように」という言葉をかけていただいたこと、今でも心に残っています。ただ必死にするだけではなく自分らしさとは何か、自分にできることは何かを考えながら日々患者さんと向き合っています。
大変なこともありますが、患者さんと関わるうちにまた頑張ろうと思えます。
まだまだ分からないことも多いですが、自分らしさのある看護ができるようこれからも頑張っていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在勤務している病棟は、慢性呼吸器疾患の患者さんが多く、主に在宅酸素療法や在宅人工呼吸療法の管理を行っています。退院支援に携わることも多く、その方の病状にあった療養方法についてスタッフみんなで考えています。わからないことや難しいこともありますが、先輩方をはじめ多くの仲間に支えられ、患者さんからもたくさんのことを教えてもらいながら、楽しく働いています。
そして、患者さんと信頼関係を築き、価値観や希望に沿ってその人らしく生きられるような方法を一緒に考えていくことは難しくもありますが、やりがいも感じます。嬉しかったのは、初めて在宅酸素療法を導入した自分のプライマリー患者さんが、退院後も在宅酸素を使って趣味の活動を継続し、楽しみながら生活されていることを知ったときです。これからも、専門知識を高めるとともに、患者さんとの対話を大事にしながら取り組んでいこうと思います。

これからも子育ても看護も楽しみながら成長していきたいと思っています。

新人研修レポート

私は3年前に育児休暇取得後、感染症内科病棟へ復帰しました。
育児部分休業を取得することもできましたが、看護師として成長したいという希望もあり、家族も応援してくれたのでフルタイムで働くことにしました。
最初しばらくは、慣れるまでたいへんでしたが、夜勤の免除や残業の少ない外来勤務を組み合わせるなどシフト調整してもらい働き続けることができました。
子供の成長と共に生活は少しづつ変化します。そのたびに仕事、家事・育児を両立できるかと悩みましたが、看護師長やスタッフのみんなが私の気持ちを汲み取り、尊重して一緒に考えてくれました。これからも子育ても看護も楽しみながら成長していきたいと思っています。

 

定期的な勉強会もあり、専門的な知識・技術を身につけることができ

スキルアップにつながっています。

新人研修レポート

IRCUへ異動となり、約3年が経ちました。今までは扱うことのなかった人工呼吸器や医療機器が多く、不安もたくさんありましたが、スタッフの方々が優しく、丁寧に教えてくださり、少しづつ自信もつきモチベーション維持しながら働くことができています。また、定期的な勉強会もあり、専門的な知識・技術を身につけることができスキルアップにつながっています。
IRCUでは重篤な状態にある患者さんが多く、様々な意思決定場面もあります。患者さん本人やご家族のストレスや不安はとても大きく、患者さんご家族に寄り添い、思いやりのあるやさしい看護を提供できるように、これからも日々取り組んでいきたいと思っています。

 

ページTOPへ戻る

〒583-8588 大阪府羽曳野市はびきの3-7-1

  • TEL:072-957-2121(代表)
  • FAX:072-958-3291(代表)

地図

Copyright (c) 地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター All Rights Reserved.