ご来院の皆さまへ

ご来院の皆さまへ

  1. ホーム
  2. ご来院の皆さまへ
  3. 産科医療補償制度のご案内 (お知らせ)

このページを印刷する

産科医療補償制度のご案内 (お知らせ)

産科医療補償制度のご案内(お知らせ)

 平成21年1月から産科医療補償制度が発足しました。
 当センターは、当該制度の加入分娩機関です。 この制度は、近年の産科医不足や分娩を取り扱わない医療機関の増加などにより、産科医療の提供が十分でない地域が生じることを背景として、創設されたものです。 分娩に関連して発症した重度脳性まひの赤ちゃんに対し、速やかな補償を受けることができることに加え、安心して産科医療を受けられる環境整備を目的としています。

 

制度の概要
目的 分娩に関連して発症した重度脳性まひの赤ちゃんとその家族の経済的負担を、速やかに補償します。分娩機関に過失がなくても保証金が支払われます。 原因分析を行い再発防止に関する情報を提供することにより、紛争の防止や早期解決、及び、産科医療の質の向上を図ります。
対象者 妊娠22週以上の妊婦を対象とします。
補償の対象 出生体重2,000g以上でかつ妊娠33週以上のお産で出生した赤ちゃんに、身体障がい者1級又は2級相当の重度脳性まひが発症した場合に、補償対象となります。 妊娠28週以上の赤ちゃんについても、個別審査によって対象となることがあります。 先天性の要因等については、補償の対象外となることがあります。
補償の水準 一時金600万円と分割金2,400万円、総額3,000万円が保証金として支払われてます。 分割金2,400万円は、20回に分割して定期的に給付されます。
掛金 掛金は、新生児1名につき3万円です。分娩機関が支払うことになりますが、分娩料を同額増額させていただきます。 この掛金相当額につきましては、出産育児一時金が増額されます。
補償申請と申請時期 脳性まひとなった児の満1歳の誕生日以降であり、申請期限は児の満5歳の誕生日までとなっています。ただし、極めて重症の場合は、生後6ケ月以降でも申請は可能です。
運営 この制度は、財団法人 日本医療機能評価機構が運営します。
お問合わせ この制度に関するご質問がございましたら、医事担当(内線2620)までお願いします。