採用情報

採用情報

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 後期臨床研修医(レジデント)募集
  4. 呼吸器内科・肺腫瘍内科後期研修カリキュラム

このページを印刷する

呼吸器内科・肺腫瘍内科後期研修カリキュラム

A 呼吸器内科・集中治療科コース

 当科の最大の特徴は、呼吸器集中治療施設であるIRCUの担当をしていることである。IRCUを一つの拠点として急性呼吸不全や慢性呼吸不全急性増悪患者の救命集中治療のみならず、慢性期の治療とケア、呼吸リハビリテーション、在宅呼吸ケアなどと広がる『包括ケア』を実践している。その他にも、びまん性肺疾患の診断と治療、睡眠時無呼吸症候群などに取り組んでいる。

1. 対象と目的
初期臨床研修修了者に、呼吸器病学ならびに呼吸器集中治療学の診療と研究についてより高度な知識と技術を習得させ、同時に日本呼吸器学会専門医資格取得を目指す。
2. 当センターで習得可能な手技および臨床研究
  1. 呼吸器救急領域(含3次救急)における診療手技と診断・治療
  2. 呼吸器疾患全般(除肺癌)にわたる知識と診療手技の取得
  3. 胸部X線写真、CTなどの画像診断、びまん性肺疾患診断のための診療手技の取得
  4. 睡眠時無呼吸症候群の診断と治療
手技の具体例
侵襲的(気管挿管・気管切開下)人工呼吸
非侵襲的(マスク)人工呼吸
在宅酸素療法・在宅人工呼吸療法
気管支鏡
終夜睡眠ポリグラフ
3. 受け持ち患者
IRCUの緊急入院患者と呼吸器内科一般病棟の入院患者。急性呼吸不全10%、慢性呼吸不全(COPD、肺結核後遺症など)50%、びまん性肺疾患20%、睡眠呼吸障害10%。
専攻医一人あたり 平均8~15名。
4. 当直
IRCUおよび呼吸器病棟当直
5. カンファレンス
IRCUカンファレンス 金曜日午後
呼吸器科カンファレンス 木曜日午後
CPC 適宜開催
6. 臨床研究
呼吸器関連学会への発表、論文の執筆。
7. 指導体制
責任者
松岡 洋人 呼吸器内科主任部長(日本内科学会総合内科専門医、日本呼吸器学会専門医・指導医)

B 肺腫瘍内科・後期研修コース

A 研修目標
本研修プログラムは、胸部悪性腫瘍を中心とした臨床腫瘍学を体系的に研修し、専門性の高い診断・治療を行える臨床医を育成することを目標としています。研修後は、胸部悪性腫瘍を中心とした臨床腫瘍学の分野で指導的役割を担う人材となっていただくことを目指しており、その過程で以下の関連学会の認定医・専門医の資格を習得することも目標としています。
B 取得目標となる学会および資格
日本呼吸器学会専門医、日本呼吸器内視鏡学会専門医、がん治療認定医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
C 指導体制 6名(専門医・認定医・指導医の重複あり)
日本内科学会認定医 5名、日本呼吸器内視鏡学会指導医 2名、日本内科学会専門医 1名、日本臨床腫瘍学会暫定指導医 2名、日本呼吸器学会専門医 4名、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医 2名、日本呼吸器学会指導医  1名 、新臨床研修指導医 1名、日本呼吸器内視鏡学会専門医 4名 、WJOG会員 6名
D 後期研修プログラム責任者
肺腫瘍内科部長 平島智徳
連絡先:TEL 072-957-2121
e-mail:hirashimat$ra.opho.jp(※メールを送信される際は$を@に変更の上、送信下さい。)
E 当科での具体的な研修内容
1基本姿勢、態度
がんという疾患の性質上、患者・家族への丁寧な対応は極めて重要です。コミュニケーションの技術、インフォームド・コンセントの方法から指導していきます。また、検査・治療を行っていく上で、患者・医療者の安全に十分な配慮ができること(安全管理・危機管理)、プライバシーや倫理的な事柄への配慮なども学びます。さらに、がん治療における臨床試験・多施設共同研究の重要性を理解し、参画できるようになります。
2診察

         a患者の問診から診断・治療に必要な情報を得ることができる。
         b患者の身体的所見から検査・診断・治療に必要な情報を得ることができる。

3診断・検査手技
当科での診療を行っていく中で、診断までのプロセスを体系的に把握していきます。すなわち、各検査の適応決定、患者・家族への説明、画像診断(CT,MRI,シンチ,PET)の読影、放射線科医へのコンサルト等です。また、実際に各種穿刺(胸腔穿刺、腹腔穿刺、中心静脈穿刺、胸腔ドレナージ、骨髄穿刺)、気管支鏡検査(前処置、挿入、観察、生検、止血)が安全に実施できるようになります。さらに熟練者には局所麻酔下胸腔鏡や気管支鏡を用いたインターベンション(ステント留置、ポリペクトミー、光線力学療法)も指導します。
4薬物療法
実際の薬物療法においては抗癌剤に関するEBM (Evidence based medicine)を習得する必要があります。さらに各抗癌剤の特徴、効果と副作用に関する知識が重要です。その上で、患者・家族に治療の説明、化学療法の計画・指示・処方を行い、実施していきます。副作用への対処法も学ぶことができます。治療においては可能な限り臨床試験への参加を考慮し、患者・家族にその必要性を説明しています。最近では外来治療が増加しており、外来化学療法患者のマネージメントができるようになります。在宅医療、地域医療との連携も重要な課題です。
また、緩和ケアの観点から、各種症状に関する知識、標準的な対処法を指導します。
その他、腫瘍随伴症候群の対処、癌の緊急処置もできるようになります。
5研究・学会活動
当科は日常診療に加え、学会発表などの研究活動も重要と考えており、以下の国内学会での発表も指導して行っています。また、国際学会での発表も毎年のように行っており、希望があれば可能です。
a国内学会
日本肺癌学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会
日本臨床腫瘍学会、日本癌治療学会、日本癌学会
b国際学会
米国癌治療学会(ASCO), 米国癌学会 (AACR), 世界肺癌学会(IASLC) 世界気管支学会 (WCB)
F連携科および連携施設
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医の取得を目標とする場合、当センターで乳腺・消化器・婦人科がんの研修を行うことができます。当センターで研修できない血液腫瘍については希望により連携医療機関で研修します。
G期間
初期研修終了後3年間の後期研修となります。
がん薬物療法専門医取得を目指す場合は、上述のように他科および他院の研修も可能です。
よって以下の2コースが設定されています。
後期研修コースの選択
A 胸部悪性腫瘍を中心とした後期研修コース
呼吸器学会専門医、呼吸器内視鏡学会専門医を取得するための必要条件を考慮した研修を行う。
B がん薬物療法専門医を目指す後期研修コース
がん薬物療法専門医を取得するための必要条件を考慮した研修を行う。

<がん薬物療法専門医を取得するために研修を要する領域>(必須領域を3科目選択できるが血液領域の研修は必須)
必須診療領域 : 呼吸器領域、造血器領域、消化器領域、乳腺・甲状腺領域、婦人科領域、緩和ケア領域
選択診療科 : 泌尿器領域、頭頚部領域、脳神経領域、皮膚領域、小児領域、骨・軟部領域
 
AM8:30- FBS前検討会   FBS前検討会 FBS前検討会 抄読会
午前①
AM9:00-
病棟/外来 病棟/外来 病棟/外来 病棟/外来 病棟/外来
病棟/外来 病棟/外来 病棟/外来 病棟/外来 病棟/外来
午後①
PM1:00-
FBS/MTS 病棟/外来 FBS/MTS FBS/MTS 部長回診兼
肺腫瘍内科・
外科・放射線科
合同カンファレンス
病棟/外来
(FBS/MTS)
病棟/外来 病棟/外来
(FBS/MTS)
病棟/外来
(FBS/MTS)
病棟/外来
PM5:00- 肺腫瘍内科
放射線合同
カンファレンス
緩和ケア回診
緩和ケアミーティング
病棟/外来 病棟/外来 病棟/外来

午前①、② 午後①、②(網掛け部分)は通常勤務時間帯 (AM9:00-PM6:00)
FBS:Fiberoptic broncoscopy (気管支鏡検査)
MTS:medical thoracoscopy (局麻下胸腔鏡検査)

 

<英語論文>

-2012年度実績-

1.   Prospective Study of Urinary and Serum Cross-Linked N-Telopeptide of Type I Collagen (NTx) for Diagnosis of BoneMetastasis in Patients With Lung Cancer.

Tamiya M, Tokunaga S, Okada H, Suzuki H, Kobayashi M, Sasada S, Okamoto N, Morishita N, Matsuura Y, Miyamoto N, Hattori M, Taira K, Daga H, Takeda K, Hirashima T.

Clin Lung Cancer. 2012 Dec 28. doi:pii: S1525-7304(12)00261-6.

2.   Continued treatment with gefitinib beyond progressive disease benefits patients with activating EGFR mutations.

Asami K, Okuma T, Hirashima T, Kawahara M, Atagi S, Kawaguchi T, Okishio K, Omachi N, Takeuchi N.

Lung Cancer. 2013 Mar;79(3):276-82. Epub 2012 Dec 20.

3.   The relationship between tyrosine kinase inhibitor therapy and overall survival in patients with non-small cell lung cancer carrying EGFR mutations.

Suzuki H, Hirashima T, Okamoto N, Yamadori T, Tamiya M, Morishita N, Shiroyama T, Otsuka T, Kitai K, Kawase I.

Chin J Cancer. 2013 Mar;32(3):136-40. Epub 2012 Dec 7.

4.   Prospective assessment of continuation of erlotinib or gefitinib in patients with acquired resistance to erlotinib or gefitinib followed by the addition of pemetrexed.

Yoshimura N, Okishio K, Mitsuoka S, Kimura T, Kawaguchi T, Kobayashi M, Hirashima T, Daga H, Takeda K, Hirata K, Kudoh S.

J Thorac Oncol. 2013 Jan;8(1):96-101. doi: 10.1097/JTO.0b013e3182762bfb.

5.   Dose escalation study of carboplatin-pemetrexed followed by maintenance pemetrexed for elderly patients with advanced nonsquamous nonsmall-cell lung cancer.

Tamiya A, Tamiya M, Shiroyama T, Kanazu M, Hirooka A, Tsuji T, Morishita N, Asami K, Suzuki H, Okamoto N, Okishio K, Kawaguchi T, Hirashima T, Atagi S, Kawase I.

Ann Oncol. 2013 Apr;24(4):980-5. Epub 2012 Nov 7.

6.   Phase II tailored S-1 regimen study of first-line chemotherapy in elderly patients with advanced and recurrent non-small cell lung cancer.

Shiroyama T, Kijima T, Komuta K, Yamamoto S, Minami S, Ogata Y, Okafuji K, Imamura F, Hirashima T, Tachibana I, Kawase I, Kumanogoh A.

Cancer Chemother Pharmacol. 2012 Dec;70(6):783-9.

7.   Efficacy of carboplatin and paclitaxel with bevacizumab as salvage chemotherapy for non-small cell lung cancer after failure of platinum-doublet chemotherapy.

Tamiya M, Tamiya A, Nakao K, Asami K, Okishio K, Satomu M, Shiroyama T, Morishita N, Suzuki H, Sasada S, Okamoto N, Kawaguchi T, Kobayashi M, Atagi S, Hirashima T, Kawase I.

Anticancer Res. 2012 Aug;32(8):3553-7.

8.   A novel mass spectrometry-based assay for diagnosis of EML4-ALK-positive non-small cell lung cancer.

Sakai K, Okamoto I, Takezawa K, Hirashima T, Kaneda H, Takeda M, Matsumoto K, Kimura H, Fujita Y, Nakagawa K, Arao T, Nishio K.

J Thorac Oncol. 2012 May;7(5):913-8.

9.   Impact of pneumonia on hyperactive delirium in end-stage lung cancer patients.

Suzuki H, Hirashima T, Kobayashi M, Okamoto N, Matsuura Y, Tamiya M, Morishita N, Okafuji K, Shiroyama T, Morimura O, Morita S, Kawase I.

Support Care Cancer. 2013 Jan;21(1):281-5. Epub 2012 Jun 19.

10. Clinical significance of the serum crosslinked N-telopeptide of type I collagen as a prognostic marker for non-small-cell lung cancer.

Tamiya M, Kobayashi M, Morimura O, Yasue T, Nakasuji T, Satomu M, Kohei O, Takayuki S, Morishita N, Suzuki H, Sasada S, Okamoto N, Hirashima T, Kawase I.

Clin Lung Cancer. 2013 Jan;14(1):50-4. Epub 2012 May 18.

11. Long-term amrubicin chemotherapy for small-cell lung cancer.

Higashiguchi M, Suzuki H, Hirashima T, Kobayashi M, Goya S, Okamoto N, Matsuura Y, Tamiya M, Morishita N, Kawase I.

Anticancer Res. 2012 Apr;32(4):1423-7.

12. Prognostic factors in malignant pleural mesothelioma: a retrospective study.

Suzuki H, Hirashima T, Kobayashi M, Okamoto N, Matsuura Y, Tamiya M, Morishita N, Okafuji K, Shiroyama T, Morimura O, Morita S, Kawase I.

Intern Med. 2012;51(7):707-10. Epub 2012 Apr 1.

13. Serum HE4 as a diagnostic and prognostic marker for lung cancer.

Iwahori K, Suzuki H, Kishi Y, Fujii Y, Uehara R, Okamoto N, Kobayashi M, Hirashima T, Kawase I, Naka T.

Tumour Biol. 2012 Aug;33(4):1141-9. Epub 2012 Feb 29.

14. A phase I/II study of carboplatin plus gemcitabine for elderly patients with advanced non-small cell lung cancer: West Japan Thoracic Oncology Group Trial (WJTOG) 2905.

Kurata T, Hirashima T, Iwamoto Y, Kawaguchi T, Ikeda N, Tsuboi M, Sawa T, Ishiguro T, Aoki T, Kotani Y, Nakagawa K, Fukuoka M.

Lung Cancer. 2012 Jul;77(1):110-5. Epub 2012 Feb 3.

15. A retrospective study of chemotherapy with and without pemetrexed in malignant pleural mesothelioma.

Higashiguchi M, Suzuki H, Hirashima T, Kobayashi M, Goya S, Okamoto N, Matsuura Y, Tamiya M, Morishita N, Tsumori T, Kawase I.

Anticancer Res. 2012 Feb;32(2):609-13.

 

 

-2011年度実績-

1.    Effect of topotecan as second-line chemotherapy for small cell lung cancer patients with interstitial lung disease.

Suzuki H, Hirashima T, Kobayashi M, Sasada S, Okamoto N, Uehara N, Matsuura Y, Tamiya M, Morishita N, Higashiguchi M, Tsumori T, Kawase I.

J Chemother. 2011 Dec;23(6):367-70.

2.    Hypersensitivity reactions associated with platinum-containing antineoplastic agents for thoracic malignancies.

Tamiya M, Kuhara H, Hirashima T, Kondo Y, Santo M, Morishita N, Suzuki H, Sasada S, Okamoto N, Kobayashi M, Kawase I.

Anticancer Res. 2011 Dec;31(12):4525-8.

3.    Long-term chemotherapy may prolong survival in advanced non-small-cell lung cancer among responders to first-line chemotherapy.

Hirashima T, Suzuki H, Kobayashi M, Kondoh Y, Tokuoka Y, Matsuura Y, Tamiya M, Morishita N, Sasada S, Okamoto N, Akazawa K, Kawase I.

Med Oncol. 2012 Sep;29(3):1629-37. Epub 2011 Aug 19.

4.    Clinical evaluation of endoscopic bronchial occlusion with silicone spigots for the management of persistent pulmonary air leaks.

Sasada S, Tamura K, Chang YS, Okamoto N, Matsuura Y, Tamiya M, Suzuki H, Uehara N, Kobayashi M, Hirashima T, Kawase I.

Intern Med. 2011;50(11):1169-73. Epub 2011 Jun 1.

5.    Phase II study of gefitinib as a first-line therapy in elderly patients with pulmonary adenocarcinoma: West Japan Thoracic Oncology Group Study 0402.

Kobayashi M, Matsui K, Katakami N, Takeda K, Moriyama A, Iwamoto Y, Takada M, Yoshioka H, Sueoka-Aragane N, Nakagawa K; West Japan Oncology Group.

Jpn J Clin Oncol. 2011 Aug;41(8):948-52. Epub 2011 Jun 29.

6.    A phase I study of oral panobinostat (LBH589) in Japanese patients with advanced solid tumors.

Fukutomi A, Hatake K, Matsui K, Sakajiri S, Hirashima T, Tanii H, Kobayashi K, Yamamoto N.

Invest New Drugs. 2012 Jun;30(3):1096-106. Epub 2011 Apr 12.

7.    Diagnostic factors of standard bronchoscopy for small (≤15 mm) peripheral pulmonary lesions: a multivariate analysis.

Tamiya M, Sasada S, Kobayashi M, Uehara N, Okamoto N, Morishita N, Suzuki H, Hirashima T, Kawahara K, Kawase I.

Intern Med. 2011;50(6):557-61. Epub 2011 Mar 15.

8.    Phase II study of S-1 monotherapy in platinum-refractory, advanced non-small cell lung cancer.

Shiroyama T, Komuta K, Imamura F, Hirashima T, Kijima T, Tachibana I, Kawase I.

Lung Cancer. 2011 Oct;74(1):85-8. Epub 2011 Feb 20.

9.    Phase I study of intravenous ASA404 (vadimezan) administered in combination with paclitaxel and carboplatin in Japanese patients with non-small cell lung cancer.

Hida T, Tamiya M, Nishio M, Yamamoto N, Hirashima T, Horai T, Tanii H, Shi MM, Kobayashi K, Horio Y.

Cancer Sci. 2011 Apr;102(4):845-51. Epub 2011 Feb 8.

10.  Usefulness of the serum cross-linked N-telopeptide of type I collagen as a marker of bone metastasis from lung cancer.

Tamiya M, Suzuki H, Kobayashi M, Sasada S, Okamoto N, Morishita N, Yasue T, Matsuura Y, Hirashima T, Kawase I.

Med Oncol. 2012 Mar;29(1):215-8. Epub 2011 Jan 22.

 

 

-2010/2009年度 (Only first author)-

1.    Cytokeratin 19 fragment/carcinoembryonic antigen ratio in pleural effusion is a useful marker for detecting malignant pleural mesothelioma.

Suzuki H, Hirashima T, Kobayashi M, Sasada S, Okamoto N, Uehara N, Tamiya M, Matsuura Y, Morishita N, Kawase I.

Anticancer Res. 2010 Oct;30(10):4343-6.

2.    Prognosis of small-cell lung cancer since the introduction of amrubicin.

Suzuki H, Hirashima T, Kobayashi M, Sasada S, Okamoto N, Tamiya M, Matsuura Y, Morishita N, Uehara N, Matsui K, Kawase I.

Med Oncol. 2011 Dec;28(4):1430-5. Epub 2010 Jul 15.

3.    Phase II study of sequential triplet chemotherapy, irinotecan and cisplatin followed by amrubicin, in patients with extensive-stage small cell lung cancer: West Japan Thoracic Oncology Group Study 0301.

Kobayashi M, Matsui K, Iwamoto Y, Ebi N, Oizumi S, Takeda K, Sawa T, Shibata K, Saka H, Imamura F, Seki N, Saito H, Goto I, Nakagawa K; West Japan Oncology Group.

J Thorac Oncol. 2010 Jul;5(7):1075-80.

4.    A new electrocautery pleural biopsy technique using an insulated-tip diathermic knife during semirigid pleuroscopy.

Sasada S, Kawahara K, Kusunoki Y, Okamoto N, Iwasaki T, Suzuki H, Kobayashi M, Hirashima T, Matsui K, Ohta M, Miyazawa T.

Surg Endosc. 2009 Aug;23(8):1901-7. Epub 2009 Jan 1.

診療のご案内

地方独立行政法人 大阪府立病院機構
大阪はびきの医療センター

〒583-8588
大阪府羽曳野市はびきの3-7-1

TEL:
072-957-2121(代表)
FAX:
072-958-3291(代表)

外来受付時間

平日:午前8時45分~午前11時

外来休診日

土曜、日曜、祝日、12月29日~1月3日


交通案内