採用情報

採用情報

呼吸器外科後期研修カリキュラム

呼吸器外科後期研修カリキュラム

(指導責任者 太田 三徳)

日本呼吸器外科学会指導医制度認定施設
日本外科学会専門医制度修練認定施設
日本外科学会認定医制度修練認定施設
日本胸部外科学会認定医認定制度指定施設

 

このカリキュラムは、呼吸器外科専門医として、臨床問題解決能力、適切な手術の実施、医の倫理と医療安全に対する配慮、およびEBMに基づく学習・研究方法の習得を目指すものです。

 

呼吸器外科研修の概要

当科での後期臨床研修は胸部外科のうちの縦隔および呼吸器疾患の外科を専門とするもので、3年間の研修により、呼吸器外科専門医取得に必要な臨床経験を積むことができます。
呼吸器外科で対象とする疾患は、全症例の約半数を占める肺癌が中心となります。
その他の良性・悪性肺腫瘍、炎症性肺疾患(結核・膿胸)、縦隔腫瘍、胸壁・胸膜疾患についても診断法、治療法、術前管理と手術適応、手術手技、及び術後管理について幅広い知識の上に適切な対応の可能な人材を育成することを目的としています。

研修期間:3年間

 

募集人員:2名まで

 

研修目標

  1. 専門的知識:頚部・胸部・上腹部の解剖学的・生理学的知識、および呼吸器疾患の疫学と病因を基に病態生理、特に手術前後の生理機能の変化を理解する。
  2. 検査と診断:呼吸器疾患の検査と診断法を習得し、その適応を判断し、結果を評価できる。
  3. 検査と診断:呼吸器疾患の検査と診断法を習得し、その適応を判断し、結果を評価できる。
  4. 手術手技:疾患ごとの手術適応を理解し、基本的な手術手技を習得する。
  5. 合併症管理:手術前併発症の管理と手術後合併症の予防法・対処法を習得する。
  6. 学術活動:院内外のカンファレンスや学術集会への参加と、経験した症例の報告や臨床研究の論文執筆のための方法を習得し、経験する。
  7. 倫理的医療の実践:診察、治療、病状説明、検査・手術の説明と同意において十分なコミュニケーションと倫理的配慮が行える態度を養う。
  8. チームワーク:関連他科(肺腫瘍内科・放射線科・病理検査科等)と連携して治療法を決定することができる。
  9. 専門医取得:呼吸器外科学会専門医取得のために必要な症例を3年間で経験する。

 

研修内容1(診断・検査・手術管理)

  1. 診断・検査法の理解と結果の評価
    1. 画像検査:胸部X線写真、CT、MRI、右心カテーテル検査、血管造影、FDG-PET 等
    2. 呼吸機能検査:血液ガス分析、肺機能検査、肺シンチグラフィー 等
    3. 内視鏡検査:気管支鏡、胸腔鏡、縦隔鏡検査等
    4. 病理学的検査:組織標本による病理組織学的診断
  2. 侵襲的検査・小手術の実施と合併症の理解
    1. 気管支鏡、胸腔鏡、縦隔鏡
    2. 頚部・鎖骨上窩・腋窩・鼠頚部などの体表リンパ節生検
    3. 胸腔穿刺、胸腔ドレナージ
    4. 気管切開
    1. 術前術後管理
    2. 術前後の呼吸リハビリの実施と指導
    3. 術後合併症の予防・早期発見・対処の理解
    4. 気管内挿管を行い、人工呼吸器を用いた呼吸管理の実施
    5. 手術後急性期に再開胸の判断ができる

 

研修内容2(手術)

呼吸器外科学会専門医修練カリキュラムにより必須の手術内容と術者・助手としての経験手術数が規定されています
(表1)。
概略のところ3年間の研修期間中に、肺癌の標準手術30例と肺の区域・部分切除術20例を術者として、その他に助手として100例の経験が必要です。
当院の年間手術症例数(表2)から2名の研修は十分に可能です。

 

1)研修目標症例数と研修指導体制

  1. 研修目標症例
    表1に示す呼吸器外科学会専門医修練カリキュラムの必修手術数とその内容を経験するために以下の研修目標手術数を設定します。
    手術研修目標手術数(術者として)
    肺癌 30
    縦隔腫瘍 4
    転移性肺腫瘍 3
    膿胸 3
    自然気胸・肺嚢胞 15
    その他 45
    呼吸器外科手術計(3年間) 100
  2. 指導体制
    常勤医師:5名
    研修指導に当たる医師:呼吸器外科指導医・専門医 2名、専門医1名、他2名
    研修指導責任医師:太田三徳
  3. その他
    外来:新患は対応せず、入院時受け持ち医であった退院患者の外来を担当します。
    日直・当直業務 : 土日の日直と手術日の当直を、月3~4回担当します。

 

(参考資料)
表1 呼吸器外科専門医修練カリキュラム

下記に示す呼吸器外科手術を適切に実施できる能力を習得する
(1)経験手術件数
  1. 術者として50例以上の手術経験を有する
  2. すべての呼吸器外科手術の助手症例が100例以上
  3. 術者の経験50例以上のうち、標準開胸手術30例以上、胸腔鏡下手術20例以上とする
(2)手術の分類
  1. A群
    縦隔リンパ節郭清を伴う肺葉切除又は肺全摘術
    単純肺葉切除又は縦隔腫瘍摘出術又は胸腺摘除術
    自然気胸手術または肺嚢胞切除術
    肺部分切除術・腫瘍核出手術
  2. B群:全体で5例以上
    気管・気管支形成術
    骨性胸郭、横隔膜、心房、大血管切除を伴う手術
    胸膜肺全摘術
    肺区域切除術
    膿胸に対する手術(開窓術・胸郭形成術を含む)
    5項目のうち最低2項目の手術を執刀者として経験すること
  3. C群:5例以上*
    その他の呼吸器外科手術
    (A,B群と重複可であるが重複カウント不可)
 
  • 最低必要数
  • 20例以上
  • 10例以上
  • 5例以上
  • 5例以上

 

表2 診療対象疾患と研修可能症例数
当院呼吸器外科の2003年から3年間の年間平均手術症例の詳細です。

手術症例数:270例
  1. 原発性肺悪性腫瘍106
  2. 良性腫瘍・転移性肺腫瘍16
  3. 胸壁腫瘍8
  4. 縦隔腫瘍4
  5. 炎症性肺疾患(肺結核を含む)・慢性膿胸20
  6. 気胸・肺嚢胞症61
  7. 胸部外傷・その他3
  8. 生検(縦隔鏡:44、胸腔鏡:10、ダニエルリンパ節:2、他:6)