採用情報

採用情報

  1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 医師募集
  4. 乳腺外科医師募集

このページを印刷する

乳腺外科医師募集

乳腺外科医師募集

当センターでは乳腺外科医師を募集しています。
応募される方は下記の要領により、お申し込みください。

 

募  集

 

後期研修医(レジデント)および常勤医若干名

 

当科紹介
応募資格等            

 

【乳がんの早期発見と個別化治療】
 受診された患者さんには主に視触診、マンモグラフィ、超音波検査を行い、異常が認められれば穿刺吸引細胞診や針生検、マンモトーム生検などの病理検査を行います。さらに乳がんの発見の感度が高いと言われている乳腺専用のコイルを用いた乳房MRI撮影を行い、画像診断と病理診断の整合性を確認した上で、乳がんと診断された患者さんには個々に合わせた治療を行っていきます。乳房温存療法でセンチネルリンパ節生検を行う患者さんにはリンパ節転移が2個以下の場合には腋窩リンパ節郭清の省略も行い、術後のQOLも重視した治療を行っています。また組織の免疫染色で乳がんのタイプ分類を行い、それぞれのタイプに合った薬物療法も実践しています。当施設は日本乳がん学会認定施設であり、乳腺専門医の指導医の資格取得が可能です。

 

【乳がん晩期再発の診断と治療】
 近年乳がんの「晩期再発」が話題になっています。晩期再発は乳がんの手術治療が終わって5年以上経過して再発することを言います。通院を終了している患者さんもおり、突然咳や痛みなどの症状で来院されることもあります。術後10年以上経過して再発される患者さんもいます。この診断には画像診断だけでなく、転移、再発部位の組織診断が重要です。当院では晩期再発を疑う患者さんには積極的に再発部位の組織採取を行い、病理医、腫瘍内科医、放射線科医と一緒に晩期再発の診断をします。また再発患者さんに対する緩和治療も行っています。

 

【応募資格】
 後期研修医:卒後3,4年目で外科専門医及び乳腺専門医を目指す医師

 常 勤 医:外科専門医であり、乳腺専門医を目指す医師

 

【選考方針】
 乳腺外科治療と臨床研究に熱意を持ち、患者と他の職員との良好な関係を持てること。

 

採用年月日

 

ご相談のうえ随時

 

勤務条件

 

≪後期研修医≫

1 身   分  非常勤嘱託員

2 報   酬  基本給
            卒後3年目    : 月額 320,000円
            卒後4年目    : 月額 345,000円
            卒後5年目以上  : 月額 370,000円

            ※実際は、超勤、当直等で月額40万円~56万円程度になります。

3 手   当  時間外勤務手当・当直勤務手当(宿直1回25,000円~51,000円)・通勤手当

4 各種保険  各種社会保険完備(健康保険・厚生年金・労災保険・雇用保険)

5 勤務時間  9時~17時30分(1日7時間45分)

6 休   暇  年次休暇ほか親族の服喪等の特別休暇あり

7 そ の 他   院内託児所、病児保育利用可。マイカー通勤可。 

 

≪常勤医≫

1 身   分  地方独立行政法人大阪府立病院機構職員
2 給 与 等   本機構給与規程に基づき、基本給、諸手当が支給されます。
           ※平均的な年収のめやすとしては、
             卒後5年目程度の方(30才前後)で、1000万円~1200万円程度
             卒後10年目程度の方(40才前後)で、1200万円~1400万円程度 です。
             週1回程度の当直を行った場合を想定して算出しております。                   
3 主な手当  時間外勤務手当、当直手当(宿直1回 36500円~64700円)
          通勤手当、住居手当(月額上限27,000円) 等
4 勤務時間  9時~17時30分(1日7時間45分)
5 休   暇  年20日の年休のほか、親族の服喪等各種の特別休暇があります。
6 そ の 他   当直は、毎日5名の医師(内科、外科、産科、小児科)で責任当直体制をとっています。
           

提出書類
選考方法

 

≪後期研修医≫
 履歴書・医師免許証(写)による書類審査後、面接(手術見学含む)

 

≪常 勤 医≫
 履歴書・医師免許証(写)による書類審査後、面接(手術見学含む)

 

連絡・提出先

 

〒583-8588
羽曳野市はびきの3丁目7番1号
地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター
事務局 総務・人事グループ(人事担当)
TEL 072-957-2121

 

働きやすい職場環境
当センターでは、マイカーでの通勤が可能、院内託児所も完備しております。
女性医師については、育児休業制度(最大3年取得可能)はもちろん、復職後は育児短時間勤務制度、保育特別休暇など、働く女性医師を支援!
育児などの都合で、勤務日数や勤務時間帯などご希望があれば相談に応じています。
子育て支援の一環として、医師(非常勤職員含む)及び看護要員(看護師・准看護師・看護補助者で非常勤職員を含む)のお子さんで、小学校未就学の乳幼児が病気に罹患し、地域保育又は家庭保育が困難な場合、保育士が家庭に準じた環境で看護・保育します。