臨床工学室

基本情報

臨床工学技士は、1987年に法制度化された職種です。
生命維持管理装置などの医療機器の操作・保守・管理を業務としています。

業務内容

医療機器

医療機器の購入・点検・修理・廃棄と一元管理することで効率的な運用を目指しています。
輸液ポンプ・シリンジポンプなどは中央管理化し余剰な機器を防止しています。
人工呼吸器など生命維持管理装置の点検を行い、安全な医療機器を提供できるよう努めています。

血液浄化

血液透析療法・血漿交換療法・腹水/胸水濾過濃縮再静注法・持続緩徐式血液過療法・エンドトキシン吸着などが行えます。
当院は一般病棟以外に結核・感染症病床を有しており、これらの場合は
陰圧室で治療を行っています。

心臓カテーテル

検査・治療でポリグラフ・FFR・IVUSを操作しサポート業務を行っています。

ペースメーカー業務

手術のサポートや、入院・外来での点検や、遠隔モニタリングを行っています。
遠隔モニタリングは、ご自宅に専用機器を設置することで、この機器を介して院内でペースーカー状態を確認し、異常があれば早期に介入が可能となっています。

スタッフ

スタッフ 臨床工学技師2名