薬局

理念・基本方針

理念

患者さんに安全で安心した薬物治療を受けていただけるように、医療チームの一員として医薬品の適正使用に貢献します。

基本方針

  • 医薬品に関する最新の情報を駆使し、患者さん一人ひとりの薬物療法の安全と質の向上に寄与します。
  • 多職種と連携し、患者さん中心の医療を実施します。
  • 薬剤が原因の事故を防止し、安全な薬物療法が実践されるよう努めます。
  • 地域の中核病院として、地域の医療水準向上のための地域の保険薬局との連携を推進します。
  • 薬剤師としての専門知識と技能の水準を向上させるよう自己研鑽するとともに、後進の育成に努めます。

調剤業務・注射薬調剤業務・持参薬確認・医薬品情報の提供

調剤業務(内服薬、外用薬)

医師の処方に基づき内服薬・外用薬を調剤しています。処方オーダリングシステムを採用しており、用法・用量・相互作用・禁忌などのチェックを行い、正確で安全な調剤を行っています。

注射薬調剤業務

医師の処方に基づき、注射薬を患者さん毎に1施用ずつ、調剤しています。投与量、投与方法、投与速度、投与期間、配合変化(薬剤の組み合わせの可否)について複数の薬剤師により確認を行っています。注射薬の払い出しを、より安全に行うために注射薬自動払い出し機(アンプルピッカー)、監査システムを導入しています。また、当薬局では注射薬調剤監査システム[ピッキングサポートシステム:Hp-PORIMS]を導入し、注射薬の取り間違い防止対策を行っています。

院内製剤

市販されていない当センター独自の製剤は、薬剤師が院内で調製しています。

持参薬確認

患者さんの入院日に、普段自宅で使用されているお薬の確認を薬局の持参薬コーナーで行っています。持参薬と入院後に開始となったお薬との相互作用の確認を行うことが出来ます。また緊急入院された患者さんは病棟担当薬剤師がその都度確認しています。

医薬品の情報提供

薬の副作用情報など、厚生労働省や医薬品メーカーから寄せられる情報を必要に応じて、医師や看護師などに随時提供したり、質問に応えたりしています。

服薬指導(薬剤管理指導)

服薬指導

患者さんのベッドサイドに直接伺い、服用状況やアレルギー・副作用の有無の確認、お薬の説明を行うと共に、効果の確認、相互作用のチェックなども行っています。

薬剤師外来

手術予定のある外来患者さんを対象に、手術を円滑に行うために薬剤師が入院前に服用薬やアレルギーについて確認し、医師へ情報提供を行っています。また、外来の結核患者さんを対象に、抗結核薬が開始される患者さんに長期服用の必要性や用法・用量・副作用の説明を行い、アドヒアランス向上を目的とした服薬指導を行っています。

がん薬剤師外来

外来で抗がん剤治療を開始される患者さんを対象に、がん治療に関して、詳しい知識をもった専門の薬剤師が内服及び点滴の抗がん剤について、相互作用・副作用等の説明をしています。

小児科吸入指導

小児科外来の喘息の子供たちに対して吸入療法の指導を行っています。当センターでは、様々な剤型の吸入薬を取り揃えています。「おくすり相談室」において子供たちに実際に吸入薬を吸入してもらい、処方された吸入薬がきちんと使用出来るかどうかを確認するとともに、保護者を含め子供たちに対しても理解力にあわせた喘息の病態の説明を行っています。

がん治療支援

がん専門薬剤師を中心とした専門知識を有する薬剤師がプロトコール(抗癌剤の使い方)の確認を行い、安全に治療を進められるように努めています。抗がん剤治療を受けるすべての患者さんに薬剤師がベッドサイドに伺い、治療の説明や副作用のチェックなどを行っています。

関連サイト