呼吸器外科

診療科の特色

  • 呼吸器外科では近年増加している肺癌に対する外科療法を中心とし、転移性肺腫瘍、悪性胸膜中脾腫、縦隔腫瘍 重症筋無力症、気胸、膿胸、肺真菌症、非結核性抗酸菌症など、幅広い呼吸器外科疾患の治療に対応しています。
  • 呼吸器外科専門医合同委員会の基幹施設にとして、多様な呼吸器疾患に数多くの呼吸器外科手術を行っています。
  • 手術は根治性とともに体にやさしく生活の質を維持できる手術を目指しております。負担の少ない手術として内視鏡手術(胸腔鏡手術)に積極的に取り組んでおります。
  • また、当院は呼吸器疾患をはじめとする多くの専門医が在籍しており、悪性疾患(進行肺癌など)に対する集学的治療を要する方、呼吸器疾患(肺気腫、間質性肺炎など)に伴う呼吸器機能低下を伴う方、循環器疾患等を合併する方に対しても、各専門医と連携し、患者さんの状態に合った治療・手術・術前後管理を施行しています。