アレルギー・リウマチ内科

診療の特色

喘息の完治はむずかしい、でもコントロールはやさしい

喘息を中心としたアレルギー疾患の内科的な診療を行うとともに、関節リウマチなどの自己免疫疾患の診療に力を入れています。

  • 近年、これらの疾患の治療は、対症療法から、炎症を制御する本質的な治療に、大きく変化しました。特に、抗体製剤をはじめとする分子標的薬は、ステロイドのように広範囲に作用する薬剤と異なって、疾患の原因となっている標的に特異的に作用することで、副作用の少ない有効な薬剤であることが期待されています。
  • 私たちは、この大きな流れに沿って、最先端の知識や技術を取り入れて、適切に治療を行っています。
  • 令和3年度からは、日本リウマチ学会専門医が2名就任されリウマチ診療が充実しました。関節リウマチのみならず、膠原病への対応も可能となりました。
    ※当科では化学物質過敏症の診療は行っていません。

トピックス

動画で分かる!吸引指導

吸引指導の実績のあるメンバーで作成した。

  • オリジナル動画
  • 全国初の試み
  • 指導者からの目線
  • 吸引チェックシートもあります。
活動を知る(facebook)

喘息、吸引指導に関わる情報を発信しています。

  • 看護師、薬剤師、医師で記事を書いています。
  • 毎週記事を更新しています。
服薬情報提供書について
診療情報提供書や書き方はこちらから。