肺腫瘍内科(呼吸器総合センター)

診療科の特色

肺腫瘍内科は呼吸器領域の中で、肺癌をはじめとする胸部悪性腫瘍の診療を中心に置いた科です。肺癌は現在我が国でがんによる死因の第一位となっており、更なる治療法の向上が求められています。またアスベストに関連した腫瘍として最近注目されている悪性胸膜中皮腫も今後増加してくることが懸念されます。当科はこれら胸部悪性腫瘍に対し呼吸器内視鏡による診断、化学療法を中心とした内科的治療、そして緩和まで、患者さん一人一人に寄り添った診療を一貫して行っております。放射線科や呼吸器外科と協力し包括的診療を実施しています。新薬開発や新しい治療法の開発に関する臨床試験も積極的に行っており、企業治験、厚生労働省のJCOG班会議、西日本がん研究機構(WJOG: West Japan Oncology Group)を通して活発に活動しています。
また、最近では肺癌治療の実績を元に、「腫瘍内科医※1」として乳癌や消化器癌(大腸癌、膵癌、胃癌等)などの他癌種に対する化学療法も積極的に行っています。

診断

週3回、呼吸器内視鏡検査(気管支鏡・局所麻酔下胸腔鏡)を実施しています。これにより積極的に確定診断を行います。専門の病理医が良性、悪性、および詳しい腫瘍のタイプを診断します。

説明

患者さん本人、ご家族に診断・治療方針について詳しい説明を行います。

治療

患者さんから同意を得た後、悪性腫瘍に対する抗癌剤治療を行います。病状によって、放射線科に依頼し放射線療法を行う場合もありますし、抗癌剤と放射線を同時併用することもあります(化学放射線療法)。手術の適応と判断した場合は呼吸器外科に治療を依頼します。これらの治療方針の決定は週2回行われている「キャンサー・ボード」で決定されています。治療は現時点でベストと考えられている標準療法※2をお勧めしております。通院でも治療が可能と判断した場合は、当センターの外来化学療法化とともに積極的に外来化学療法をお勧めしています。

 

  • ※1 腫瘍内科医:従来我が国の癌治療は臓器別に行われてきましたが、諸外国ではその全てを腫瘍内科医と呼ばれる抗癌剤の専門家が行うのが一般的です。我が国でも最近この流れに従い、学会が専門医を認定しその普及に努めるようになってきています。 日本においては、日本臨床腫瘍学会認定の「がん薬物療法専門医」が腫瘍内科医に相当します。
  • ※2 標準療法:ある疾患・病期において、これまでの臨床試験で示された科学的なデータに基づく、最も治療成績が優れ、すでに確立された治療法のことです。癌は難治性の疾患であるため、癌治療の領域では更なる治療成績の向上のために今後も治験・臨床試験が必要と考えられています。

論文発表

論文(2020年実績)

  1. Hirashima T, Kanai T, Suzuki H, Yoshida H, Matsusita A, Kawasumi H, Nasu S, Tanaka A, Morishita N, Kawahara K, Tamura Y, Okamoto N.
    Significance of Pre-treatment Interferon-gamma Release in Patients With Non-small-cell Lung Cancer Receiving Immune Checkpoint Inhibitors. Anticancer Res. 2020;40(12):6971-8. Epub 2020/12/09. doi: 10.21873/anticanres.14721. PubMed PMID: 33288591.
  2. Hirashima T, Arai T, Kitajima H, Tamura Y, Yamada T, Hashimoto S, Morishita H, Minamoto S, Kawashima K, Kashiwa Y, Kameda M, Takeshita T, Suzuki H, Matsuoka H, Yamaguchi S, Tanaka T, Nagai T.
    Factors significantly associated with COVID-19 severity in symptomatic patients: A retrospective single-center study. J Infect Chemother. 2021;27(1):76-82. Epub 2020/10/15. doi: 10.1016/j.jiac.2020.09.022. PubMed PMID: 33051144; PMCID: PMC7547613.
  3. H, Hirashima T, Atagi S, Shintani A,
    Imamura F. A Multivariable Regression Model-based Nomogram for Estimating the Overall Survival of Patients Previously Treated With Nivolumab for Advanced Non-small-cell Lung Cancer. Anticancer Res. 2020;40(8):4229-36. Epub 2020/07/31. doi: 10.21873/anticanres.14424. PubMed PMID: 32727749.
  4. Imamura F, Kimura M, Yano Y, Mori M, Suzuki H, Hirashima T, Ihara S, Komuta K, Shiroyama T, Nagatomo I, Kumagai T.
    Real-world osimertinib for EGFR mutation-positive non-small-cell lung cancer with acquired T790M mutation. Future Oncol. 2020;16(21):1537-47. Epub 2020/07/15. doi: 10.2217/fon-2020-0203. PubMed PMID: 32662665.
  5. Noda Y, Suzuki H, Kanai T, Samejima Y, Nasu S, Tanaka A, Morishita N, Okamoto N, Hirashima T.
    The Association Between Extracellular Water-to-Total Body Water Ratio and Therapeutic Durability for Advanced Lung Cancer. Anticancer Res. 2020;40(7):3931-7. Epub 2020/07/06. doi: 10.21873/anticanres.14384. PubMed PMID: 32620634.
  6. Nasu S, Suzuki H, Shiroyama T, Tanaka A, Samejima Y, Kanai T, Noda Y, Morishita N, Okamoto N, Hirashima T.
    Safety and efficacy of afatinib for the treatment of non-small-cell lung cancer following osimertinib-induced interstitial lung disease: A retrospective study. Invest New Drugs. 2020;38(6):1915-20. Epub 2020/06/17. doi: 10.1007/s10637-020-00963-w. PubMed PMID: 32542461.
  7. Samejima Y, Iuchi A, Kanai T, Noda Y, Nasu S, Tanaka A, Morishita N, Suzuki H, Okamoto N, Harada H, Ezumi A, Ueda K, Kawahara K, Hirashima T.
    Development of Severe Heart Failure in a Patient with Squamous Non-small-cell Lung Cancer During Nivolumab Treatment. Intern Med. 2020;59(16):2003-8. Epub 2020/05/26. doi: 10.2169/internalmedicine.4550-20. PubMed PMID: 32448839; PMCID: PMC7492128.
  8. Kanai T, Suzuki H, Yoshida H, Matsushita A, Kawasumi H, Samejima Y, Noda Y, Nasu S, Tanaka A, Morishita N, Hashimoto S, Kawahara K, Tamura Y, Okamoto N, Tanaka T, Hirashima T.
    Significance of Quantitative Interferon-gamma Levels in Non-small-cell Lung Cancer Patients’ Response to Immune Checkpoint Inhibitors. Anticancer Res. 2020;40(5):2787-93. Epub 2020/05/06. doi: 10.21873/anticanres.14251. PubMed PMID: 32366425.
  9. Shiroyama T, Nasu S, Tanaka A, Hirashima T.
    Tree-in-bud Pattern in ALK-positive Lung Adenocarcinoma. Intern Med. 2020;59(11):1461. Epub 2020/03/13. doi: 10.2169/internalmedicine.4076-19. PubMed PMID: 32161218; PMCID: PMC7332627.
  10.     Suzuki H, Hirashima T, Kanazu M, Sawa N, Uchida J, Morita M, Makio T, Hara S, Kumagai T.
    Association between metastatic sites and first-line pembrolizumab treatment outcome for advanced non-small cell  lung cancer with high PD-L1 expression: a retrospective multicenter cohort study. Invest New Drugs. 2020;38(1):211- 8. Epub 2019/12/01. doi: 10.1007/s10637-019-00882-5. PubMed PMID: 31784866.