整形外科

診療科の特色

変形性関節症・骨粗鬆症を中心とした高齢者の治療

  • 変形性膝関節症、変形性股関節症による関節の疼痛、変形にて対して、関節内注射や外用薬・装具療法などを中心に治療をはじめ、歩行障害が著しくなった際には手術療法などを検討していきます。
  • 女性に多い、閉経後の腰痛に関しては、早期の骨粗鬆症予防を行うことにより、長期にわたり腰痛を軽減することが可能であり、高齢になってからの圧迫骨折などによる入院のリスクを減らすことができ、健康寿命を延ばすことができます。
  • また、高齢者の大腿骨頚部骨折や手関節の骨折などは近年、高齢化社会の進行に伴い増加しており、早期手術による早期社会復帰が可能であり、当院でも積極的に手術を行っていきます。
  • 私たち整形外科は腰痛や関節痛、骨粗鬆症や骨折など高齢化社会における健康な社会活動を営むためのお手伝いをしていきます。
    当院、整形外科は令和4年4月に開設、常勤医師2名にて活動を始めます。外来診察はもちろんのこと、地域の健康寿命を延ばせるよう頑張ってまいります。
    整形外科の診療範囲は広く、常勤2名ではすべての患者さんにベストな治療を行うことは難しく、地域の各専門分野の整形外科の先生方と協力して、適切な治療をしていきたいと思います。
    当科主任部長塚本は、膝や股関節の人工関節中心に長年手術の指導をしてきました。また、最近では骨粗鬆症や関節リウマチのお薬がの開発が進み、きちんとした診断と病態把握すれば適切な治療ができる環境が整ってきています。
    今後は、地域の方々の健康寿命が少しでも長くなる様、貢献できるように頑張りますので、新設の診療科ではありますが、お困りなことがあれば、気軽に受診していただければと思います。

    専門分野:膝・股関節の人工関節
         骨粗鬆症(腰痛等)、リウマチ、一般外傷(骨折など)