眼科

主な診療

白内障

目の中の水晶体が濁ることで視力の低下をきたすのが白内障です。原因は、加齢によるものがほとんどです。内科疾患や眼疾患に続発するものや薬の影響で進行する場合もあります。進行すると光が眩しくなったり霧がかかったようにみえます。視力も徐々に低下して運転免許の更新ができない、新聞やテレビの文字が読めなくなったなど、日常生活において不自由があれば手術をお勧めします。手術の方法は、小切開による超音波乳化吸引術を行っています。

緑内障

視神経が障害されることにより視野が狭くなるのが緑内障です。いつの間にか視神経の障害が進行し、進行するまで視野異常に気がつかないことも多く、一度視野が狭くなると元には戻りません。40歳を過ぎたら人間ドックや健診などで眼底検査をお勧めします。視野障害の進行を抑制するために、眼圧を下げる目薬治療やレーザー治療も行っています。

加齢黄斑変性

加齢によって黄斑に様々な異常を生じて見えにくくなるのが加齢黄斑変性です。物を見るときに大事な働きをする場所を黄斑といいます。その場所が正常に働くことで良い視力を維持できますが、様々な異常が生じて視力が低下していきます。加齢黄斑変性には、萎縮型と滲出型に分類されます。萎縮型は、ゆっくり時間をかけて視力が低下していきます。滲出型は、網膜の下にある脈絡膜に異常な血管が発生して黄斑に出血や浮腫が生じて視力が低下していきます。フルオレセインを用いた蛍光眼底造影検査や造影剤不要な血管撮影検査後、抗VEGF薬の硝子体注射による治療を行っています。

糖尿病網膜症

糖尿病になると血糖値が上昇して、網膜の血管が詰まったり破れたりするのが糖尿病網膜症です。血管が詰まると十分な酸素が網膜にいかず、新生血管を生じて酸素不足を補おうとします。新生血管は通常の血管よりも脆く、容易に出血します。出血しますと硝子体出血や網膜剥離を生じて眼内病変は進行します。病状に応じて網膜光凝固術、ステロイドの眼局所注射、抗VEGF薬の硝子体注射などの治療も行っています。

網膜中心静脈閉塞症

眼底の静脈が血栓で詰まり、そのため血管が破れて出血を起こすのが網膜中心静脈閉塞症です。糖尿病や高血圧の方に多いです。出血部位のよって視力の低下は様々ですが、完全に視力は回復しません。病状に応じて血流を改善する内服治療や網膜光凝固、黄斑浮腫に対してはステロイドの眼局所注射、抗VEGFの硝子体注射も行っています。

ドライアイ

目の表面の涙の安定性が低下して、目の不快感や見えずらさが生じるのがドライアイです。症状を和らげる点眼薬治療を行っています。

アレルギー性結膜炎

花粉やダニなどのアレルゲンが目に入ることによって起こるのがアレルギー性結膜炎です。鼻水、鼻づまりなども伴うため風邪の症状にも似ていますが、目に症状が出るのが特徴です。季節によってまたは季節に関係なく目のかゆみ、充血、異物感、目やにがでる、涙が出るなどの症状がみられます。体内でアレルギー反応が起きるメカニズムを抑止することで症状を和らげる点眼薬治療も行っています。

主要検査

細隙灯顕微鏡検査

前眼部(角膜や結膜、虹彩、水晶体など)を観察します。両眼視することで病変部の位置を立体的に把握することができます。

光干渉断層計(OCT)

光干渉断層計(OCT)は近赤外線用いて、網膜の断面像を撮影します。加齢黄斑変性や中心性漿液性脈絡網膜症などの黄斑疾患だけでなく、緑内障など様々な疾患に有用です。

フルオレセイン蛍光眼底造影検査(FAG)

フルオレセインナトリウムを静脈内注射し、眼に特別な光を当てることによって、フルオレセインが蛍光し、眼底の血管の異常部位・状態を把握することができます。中心網膜静脈閉塞症や糖尿病網膜症等を評価することが可能です。

動的視野検査

Goldmann視野計(GP)は様々なの大きさ・強さの光を動かすことで、視野を測定します。
緑内障の進行の評価に有用であり、視野の範囲やどの程度見えていないかを評価することができます。

上記だけでなく、下記に示すような様々な検査が可能です。

  • オートレフラクトメータ
  • ノンコンタクトメータ
  • レンズメータ
  • 光干渉断層血管撮影(OCT Angio)
  • 前眼部三次元画像解析(前眼部OCT断層)
  • 眼底カメラ
  • 眼底自発蛍光撮影(FAF)
  • 超音波検査(Aモード、Bモード)
  • 光学的眼軸長検査
  • 網膜電図(ERG)
  • 静的視野検査(HFA)
  • HESSチャート(眼筋機能検査)
  • 角膜内皮細胞顕微鏡検査(スペキュラマイクロスコープ)