小児科

診療の特色

小児アレルギー疾患に対して専門性の高い診療を提供しています。

特に食物アレルギー、小児気管支喘息は、診断から治療に至るまで診療ガイドラインだけではなく最新の情報も踏まえて対応します。アレルギー性鼻炎は耳鼻咽喉科と、アトピー性皮膚炎は皮膚科とも連携し、それぞれの患者さんに最適な治療を提供するよう心がけています。

地域の小児診療の一翼を担います。

呼吸器感染症や消化器感染症、川崎病、熱性痙攣などの急性疾患に対応します。入院が必要と思われる患者だけでなく、入院の必要性が必ずしも高くない患者の治療についてもクリニックの先生と連携を取って対応させて頂きます。

循環器外来を開設いたしました。

学校健診における心電図異常などにも対応いたします。

当センターで出生されるお子様について。

当センターで出生されるお子様(新生児)については、産科と密に連携し、 安全安心な周産期医療を提供します。

小児循環器専門外来

大阪はびきの医療センター小児科では地域の基幹病院としての役割を果たすべく、2021年4月より大阪急性期・総合医療センター 小児科 小垣 滋豊先生、および循環器を専門にする先生方の協力を得て、小児循環器外来を開設する運びとなりました。
 心雑音、不整脈が疑われる場合や検診での異常の精査など、お気軽にご紹介いただけると幸いです。

小児循環器外来 第1・3・5週水曜日 14:00~17:00
担当医師 大阪急性期・総合医療センター 医師(小垣 滋豊 先生、他循環器専門医師が週ごとに対応)
予約方法 地域医療連携室へ前日17時までに、診療予約申込書(HPよりダウンロード可能)および
診療情報提供書をFAXしてください。
お問い合せ・お申込み先
地域医療連携室
小児循環器外来予約についてとお伝えください。
電話番号(直通):
072-957-8030
FAX番号:
072-957-8051
相談時間:9:00〜17:00(土日祝・年末年始除く)

一般小児科診療にも対応しております。

当センター小児科では、小児の一般疾患(アレルギー疾患以外)についても毎日(月~金)診察を行っています。

受付
8:45~11:00
診療は9:00~

対応症状

熱(熱が続く)、咳、嘔吐、下痢、腹痛、頭痛など

対応疾患

各種急性感染症(肺炎・気管支炎、クループ、尿路感染症、胃腸炎等)、熱性痙攣、川崎病、特発性血症板減少性紫斑病(ITP)、IgA血管炎(ヘノッホ・シェーンライン紫斑病)など。

対応困難な疾患

外傷、虫垂炎(10歳未満)などの外科的疾患(小児外科、脳外科、整形外科的疾患)

患者様へ
当院で対応できない疾患(外科的疾患など)は他院を紹介する場合があります。症状が落ち着いた場合、その後のフォローはかかりつけ医がある場合そちらで御願いしております。他医療機関からの診療情報提供書(紹介状)を持参せずに受診希望される場合、通常の保険診療費に加え、「初診に係る費用として非紹介患者初診料加算金」(選定療養費)5,500円を自費で負担いただきます。

 

紹介いただく医療機関の先生方へ
CTなどの検査だけのご依頼もお受けします。

小児科 レスパイト入院

難病の子供を抱える家族のケア代行でご家族の休息を支援しています。
利用者の要望に応じて、1泊~1週間の入院を受け入れています。
随時、問い合わせ受付中(窓口:地域医療連携室)

その他

  • 小児アレルギー疾患に精通した小児アレルギーエデュケーター(看護師、栄養管理士)が在籍。
  • 小児アレルギーエデュケーター(PAE)による講習会

小児アレルギーエデュケーターとは、アレルギーに対する専門的な知識と技術を有すると学会認定されたコメディカルスタッフです。現在当センターには10名(看護師8名、管理栄養士2名)が在籍しています。平成24年頃より地域の学校、保育所、保健所、消防署等から依頼を受けて「食物アレルギーの基礎知識と緊急時の対応」「アトピー性皮膚炎のスキンケア」「喘息吸入療法」などの講習会を年間40件程度行っています。